© 2023 by Glorify. Proudly created with Wix.com

無料受験相談0285-25-5501|栃木県小山市中央町3-6-17阿久津ビル4階 〒323-0023|Email

【センター英語】6割突破のために!

September 12, 2017

今回は、センターの英語対策についてです!センター英語6割を突破するには、どんな勉強をしたら良いのか?

 

▶️センター英語 9割突破!文法編

▶️センター英語 9割突破!長文編

[参照:武田塾 逆転合格.com ]

センター英語

6割突破するために!

 

〜文法〜

センターの文法問題が出来るかどうかで、基本的な文法の知識が使いこなせているかどうかを確認できます。

 

文法の点数が安定しない受験生は、ネクステージなどの文法参考書の定着率が低く、知識が不足しています。もしくは、知識は完璧に網羅出来ているが、初見問題が解けないパターンが多いです。

 

定着率が低いのであれば、参考書の学習を補強していけばOK。初見問題になると解けなくなる場合は、それまでと同じように参考書を繰り返しても効果はありません。

 

初見問題を解くためには、『なぜこれが正解(不正解)の選択肢なのか?』を理解する必要があります。どんな状況でどの文法を使うのが正解なのか、一つ一つの問題で考えていきましょう。不正解の選択肢が正解になるパターンも考えましょう。1問だけでも4倍の知識を試すことができます。

 

問題を解く際の判断基準、パターンを明確にしていき、初見問題を解けるようにしましょう。

 

会話表現については、前後関係を見て自然な切り返しが出来るかどうかがポイントです。特に会話表現を知らなくても選べるものが多いです。

 

整序問題では、解き方のコツを知り、それに慣れていないとなかなか正解にたどり着けないものです。まずは練習量をこなし、その正しい語順を音読し、構文の復習を行いましょう。

 

 

〜長文〜

英語の得点源は長文読解(大問3,4,5,6)です。文法問題で満点を取っても全体の5割にもなりません…

 

ではどのようにして点数をゲットしていくのでしょう?

大問6はオーソドックスな内容一致問題ですが、大問3〜5はそれぞれ特徴的な文章・設問になっています。まずは大問3〜5の効率的な解き方を学びましょう。

そこで時間短縮できれば、大問6に時間を使うことができます。3〜5の傾向に慣れましょう!

 

しかし前提として、文を速く読めるようになっておきたいです。

 

大問3〜6の各解き方は参考書『きめる!センター英語』全て集約されています!

 

▶️ Youtube武田塾チャンネル: 『きめる! センター英語|武田塾厳選! 今日の一冊』

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Follow Us
  • Instagram Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
Recent Posts
Please reload