© 2023 by Glorify. Proudly created with Wix.com

無料受験相談0285-25-5501|栃木県小山市中央町3-6-17阿久津ビル4階 〒323-0023|Email

【青学英語】③法学部・経営学部・国際政治経済学部

October 11, 2017

MARCHの中でも屈指の人気を誇る 

青山学院大学の英語対策です!

 

今回は法学部・経営学部・国際政治経済学部の対策です。

 

▶️ 青学英語 全体の英語傾向

▶️ 参照:逆転合格ドットコム

 

法学部 英語の基本情報

 

試験時間:90分 

 

配点:<リスニングなし>150/350

    <リスニングあり>250/350

 

大問の構成(2017年度参考)

〈筆記〉

<A方式>

1、読解

2、読解・語彙・語法

3、会話文・文法・語法

4、文法・語彙

5、英作文

 

傾向

設問文が英語で書かれることが多い。

大問1は大抵、記述式の英文和訳内容説明。

文法・語彙問題は、基本的な文法事項と熟語力を問うものが多い。

英作文は自由英作文で身近なテーマにそって英文を書くもので、英語の様々な表現方法・構文・同義語単語を見直しておこう。

 

経営学部 英語の基本情報

 

試験時間:90分 

 

配点:<A方式>150/350

    <B方式>150/250

 

大問の構成(2017年度参考)

〈筆記〉

1、読解

2、読解・語彙

3、会話・文法・語彙

4、文法・語法・語彙

5、文法・語彙

 

 

傾向

記述式とマークシート法の併用。

読解問題で記述式の英文和訳だ出題される傾向。

文章テーマは政治経済、文化、社会、歴史、環境等に関するエッセーや評論文が中心。

文法・語彙問題は、基本的な文法事項と熟語力を問うものが多い。

全体的に語彙レベルが高い。高度な熟語、慣用表現が求められるため、どんどん対策していこう。

 

国際政治経済学部 英語の基本情報

 

試験時間:90分 

 

配点:<A>150/350

    <B(国政・国コ)>250/350

    <B(国経)>150/300

 

大問の構成(2017年度参考)

〈筆記〉

<A方式>

1、読解・要約

2、英作文

3、読解

4、読解

5、読解

6、読解・文法・語彙

 

<B方式のリスニング>

大問6題

 

 

傾向

記述式が2題とマークシート方式。

記述式は、要約と自由英作文で、

要約問題は130文字以内で要約するもので、日本語の表現力も必要。

自由英作文は身近なテーマにそって60語以内で英文を書くもの。いずれも英語の様々な表現方法・構文・同義語単語を見直しておこう。

B方式のリスニングは6題構成で聞く分量はかなり多く、集中力が必要。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Follow Us
  • Instagram Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
Recent Posts
Please reload