© 2023 by Glorify. Proudly created with Wix.com

無料受験相談0285-25-5501|栃木県小山市中央町3-6-17阿久津ビル4階 〒323-0023|Email

【センター英語】 9割突破!長文編

January 12, 2018

武田塾小山校です!

 

今回はセンターの英語対策!

センター英語 9割を突破するには、

何を勉強すればいいのか、どこに注意したらいいのか?

知識不足ではなく、実はちょっとした解き方や時間配分などがポイントだったりします。

 

今日は第4問〜第6問までの解き方・勉強法を確認しよう!

 

▶️センター英語 9割突破!文法編

▶️センター英語 6割突破するために

センター英語

9割突破するために vol.2

 

『6割を突破して、8割は取れる!でも、9割の壁が高い…』

 

センター英語の難易度は標準ですが、

9割を取るためには、単語・文法・読解の完成度が求められます。

自分の弱点ポイントを分析しつつ、各設問における着目点を整理していきましょう!

 

今回は文章問題についてです。

 

 

〜第4問:グラフ問題・広告問題〜

グラフ問題・広告問題ともにそれぞれ5点ずつの配点ですね。ここもなるべく完答したいところです。各設問の傾向はだいたい決まっていますので、解き方をマスターしてしまうといいでしょう。

また9割を超えるためには、単語や文法の知識を固めておくことがとても大事になります。

 

⭕️ グラフ問題

9割超えのポイントは、設問に対応するパラグラフのみを読み、選択肢を選ぶ前に設問の答えを予測することでしょう。

図表の正しい指標の組み合わせを選ぶ問題では、図表のデータについて述べるパラグラフのみ読みましょう。文の読み違えのないよう、しっかり読んでいきたいです。

文章全体のMain Purposeを問う問題では、文章の最初と最後のパラグラフを読み、話の焦点を把握しましょう。

ラストパラグラフに続くトピックを選ぶ問題では、最後のパラグラフに登場する新しいトピックに着目しましょう。

 

⭕️ 広告問題

設問に対応する項目ごとに、文章を読み進めていくと良いです。

広告内のどこに何の情報があるのかをパッと把握しましょう。

例年、内容一致の問題が出題されますが、広告内の文章は全て読むようにすると選択肢をしっかりと選べるでしょう。また、選択肢の読み間違えにも注意したいです。

 

 

〜第5問:小説(またはメールのやりとり)

ここ数年では小説が出題されていますが、メールや手紙のやりとりからの読解問題も模試などでは頻出です。どちらの形態でも対応できるよう、過去問や模試を解いておくと確実です👍

 

⭕️ 小説はストーリーの登場人物、場所、時間の移り変わりなどに注意。

⭕️ ストーリー理解が苦手な受験生は、過去問や模試の第5問を何十年分も解き、繰り返し読むのがおすすめ。

⭕️ 選択肢を選ぶ際は消去法を徹底する。

 

 

〜第6問:評論文〜

第6問は一般的な文章読解です。まずは、武田塾のセンタールートにある長文読解の参考書で基本的な解き方をマスターしましょう。どんなトピックでも内容が把握できるよう鍛えておきましょう。しっかりと弱点を補強すれば満点がとれる問題なので、毎回の弱点分析を徹底させつつ、数をこなしていきましょう。

 

⭕️ 段落ごとの話の焦点を把握していく。

⭕️ 選択肢を選ぶ前に答えを予測する。

⭕️ パラグラフ内の話の展開を意識し。

⭕️ 選択肢は間違い部分に×をつけるなどの消去法を徹底して選ぶ。

 

 

  

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Follow Us
  • Instagram Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
Recent Posts
Please reload