© 2023 by Glorify. Proudly created with Wix.com

無料受験相談0285-25-5501|栃木県小山市中央町3-6-17阿久津ビル4階 〒323-0023|Email

【比較】①覚えづらい表現

比較の範囲をポイントに分けるとしたら

  1. 覚えづらい表現(数学的に理解する)

  2. 比較級

  3. 最上級

です!そして、2・3はただひたすら語順を覚えるものです。

 

ここでは1こ目の覚えづらい表現を見ていきましょう。覚えづらい比較は、まず理屈で覚えて、後は鬼のように例文を暗記して慣れるのがおすすめです

 

⒈ 覚えづらい表現(数学的に理解する)

 

 

① not less thanやno less thanの言い換え

 

本当に覚えられないのがnot less/more thanとno less/more thanの意味の違いと言い換え。でもnotとnoの違いを理解すればすぐに覚えられます。

 

〜 not 〜 

not 動詞にかかる否定です!

つまり、文全体を否定するようになるのです。

 

例えば  

"I am not less clever than you."

 という文は、

"I am less clever than you."『私はあなたより利口じゃない』

という文全体を否定します。

 

I am not less clever than you.

=   not × I am less clever than you

= 『私はあなたより利口じゃないわけではない

= 『最低でもあなたと同じくらい利口だ』

 

not を使う比較はグラフで表すと分かりやすいと思います。

 だから、

not less than B = at least B

not more than B = at most B

と言い換えられるわけです。

 

 

 

〜 no 〜 

一方、no というのは後ろにくる名詞や形容詞を否定するものです。

no more thanno less thanの場合は moreや lessを否定することになりますが、どのように否定するのか?

 

 

 

このように2通りで打ち消しをします!

 

 

 

② A is no more B than C is D

 

こちらは比較的簡単ですね。

thanや as~asが表すのは『=、イコール』です。

何がイコールかというと、AとBの関係とCとDの関係です。

 

A is no more B than C is D.

では、A ≠ Bという関係ですね。なのでC ≠ Dになります。

『AはBでない。CがDでないのと同じように。』

 (= A is not B any more than C is D.)

 

A is no less B than C is D.

では、A = Bという関係なので、C = Dとなります。

『AはBである。CがDであるのと同じように。』

 

 

 

 

③ A is not so much B as C 

 

①で見たように、not とは文全体を否定するものです。

つまり…

A is not so much B as C】➡︎【not】×【A is so much B as C】  

『Aは、Cと同じくらいB』×『ではない』

                =『Aは、むしろBよりCだ』

 

A don't so much as do】➡︎【not】×【A so much as do】

『Aはとてもdoする』×『わけではない』

                =『Aはむしろdoさえしない』

 

このように何でもいいので理屈で覚えていきましょう。一度理解してしまえば、後は言い換えの表現なども例文でどんどん覚えていきましょう。

 

比較の範囲は語順が大切です。鬼のように音読しまくって、語順に慣れてくださいね!

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Follow Us
  • Instagram Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
Recent Posts
Please reload