© 2023 by Glorify. Proudly created with Wix.com

無料受験相談0285-25-5501|栃木県小山市中央町3-6-17阿久津ビル4階 〒323-0023|Email

【分詞】分詞構文と付帯状況With

 

分詞のつづきです!

分詞構文とWithを使った表現についてです🌟

(とっても使いやすいので、私の大好きな文法です)

これらは、分詞を使った副詞です!形容詞ではありません。

形容詞としての分詞についてはこちら

☑︎分詞構文

 

分詞構文とは副詞(句)です😃

よくある副詞節を、分詞を使った副詞句に変えちゃう文法です!

いくつかポイントがあるので要チェックです。

 

ーー《変換の順番》ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

以下の例題を見ながら、①〜⑤の手順で変換してみよう!

 

接続詞をなくす (asやwhen)

② 主節と副詞節のSが同じなら、Sは省略

③ 副詞節のVが否定形なら、分詞の前にnotをつける

④ 副詞節の時制が主節より1つ前ならhaving Vppの形にする

⑤ 副詞節のSVが能動なら~ing形、受動なら過去分詞形

 

(例)As you see him today, you go to the station.

 ➡︎ Seeing him today, you go to the station.

 

(例)As you are seen as a super star, you feel good.

 ➡︎ Seen as a super star, you feel good. 

 

(例)As you see him today, she gets jealous.

 ➡︎ You seeing him today, she gets jealous.

 

(例)As all things are considered, she is right.

 ➡︎ All things considered, she is right.

 

(例)As you saw him yesterday, you are happy now.

 ➡︎ Having seen him yesterday, you are happy now.

 

(例)As you didn't see him yesterday, you are not happy now.

 ➡︎ Not having seen him yesterday, you are not happy now.

 

これらの変換ができるようになったら、逆変換もまた然り。

分詞構文の問題がきたら、

時制、主語、否定、能動受動関係など、正しい副詞節の形を思い浮かべてくださいね

 

 

ーー《分詞構文の強調》ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

〔分詞 + as + S + do/does〕という形! 

 

例えば、

As you see him today, you go to the station. (1)

= Seeing him today, you go to the station. (2)

という分詞構文を強調すると…

Seeing as you do him today, you go to the station.

という、(1)と(2)のコラボした副詞句になる。

 

 

ーー《慣用表現》ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

音読して覚えてしまおう!

・generally speaking

・speaking of A

・judging from A

・considering A

・weather permitting

  などなど。

 

 

ーー《分詞構文で一番大切なポイント》ーーーーーーーーーーーー

 

それは文章の中でスムーズに読めるようになることです。

分詞構文が来たら、

『〜だけど(逆説)』『〜だから(因果)』

『〜しながら(同時進行)』『〜のとき(時・条件)』

のどれかをあてはめて読み進めていってくださいね。

 

練習①

For centuries, Native Americans living in what is now the United States and Canada lived close to nature, using only what they needed from the natural environment in order to survive.

 

練習②

Realizing that the national parks needed to be managed and protected, the U.S. government created the National Park System in 1912.

 

 

 

☑︎With + 名詞 + 分詞

 

こちらも副詞句です!簡単です!

どんな状態の名詞が、ある動作と共にあるのかを表現します。

 

例えば、

I study English.『私は勉強する』

という動作に

the textbook opened on the table『机の上で開かれている教科書』

という状態の名詞をwithで付け加えて…

➡︎ I study English with the textbook opened on the table.

 

分詞の代わりに形容詞、副詞、前置詞句が来てもオッケーです。

とにかく動作と共にある『どんな状態の名詞』も

withでくっつければオッケーなんです。

(例)Some people sleep with their eyes open. (openは形容詞)

(例)He apologized for his mistake with tears in his eyes.

                    (in his eyesは前置詞句)

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Follow Us
  • Instagram Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
Recent Posts
Please reload