© 2023 by Glorify. Proudly created with Wix.com

無料受験相談0285-25-5501|栃木県小山市中央町3-6-17阿久津ビル4階 〒323-0023|Email

【分詞】頻出の形容詞

分詞は3つのポイントに分けましょう!

 

分詞とは名詞の状態を表す、長い形容詞です。

その瞬間の人やモノの状態を〔名詞+分詞〕で表現します。

(何をしているところか、どんな状態なのかを表す。)

(その状態を表すために、形容詞は長くなる。)

 

形容詞はどこで使われるでしょう?

名詞の前後とかSVC、SVOCの ですね!

そこに分詞を持って来れば良いのです!

 

ポイントは3つ!

  1. 分詞の種類

  2. 名詞を修飾するとき

  3. SVCとSVOCの Cのとき

 +α 問題を解く時の考え方

 

副詞としての分詞構文とWith系についてはこちら

⒈ 分詞の種類

 

分詞には現在分詞と過去分詞がありますね。

現在分詞:doing, making, seeing

過去分詞:done, made, seen

 

現在分詞を使う時は 名詞と(分詞に変わる)動詞 が能動関係の時!

過去分詞を使う時は 名詞と(分詞に変わる)動詞 が受動関係の時!

 

(例)A man walking over there

    ("A man is walking over there."という能動状態)

(例)A book written in English

    ("A book is written in English."という受動状態)

 

分詞の問題では、

選択肢にたいてい現在分詞と過去分詞がありますよね。

名詞と分詞の間にbe動詞を挟んだ時に意味が適切になる方を選びましょう。A book (     ) in English. ① writing  ② written

 

 

 

⒉ 名詞を修飾する形容詞のとき

 

『どんな状態の名詞か』のお話。

名詞を修飾するには名詞の前後どちらに分詞を置くのでしょう

 

① 分詞が語の時 ➡︎ 名詞の(冠詞の後)

(例)The crying baby (The baby is cryingという状態)

(例)A broken chair (A chair is brokenという状態)

 

② 分詞が語以上の時 ➡︎ 名詞の

(例)The baby crying in the room

(例)A chair broken by that boy

 

 

 

〜There be S 構文〜

There be S のSに分詞をつける用法がありますが、

Sに形容詞がくっついてるだけです。簡単ですね!

(例)There is a walking dog.  (A dog is walkingという状態)

(例)There is a dog walking over there.

(例)There was a killed man.  (A man was killedという状態)

(例)There was a man killed at the park.

 

 

※分詞とは名詞の状態を表す形容詞。

現在分詞にすれば『現在 (過去) 進行形で名詞が何をしているのか』、

過去分詞にすれば『現在 (過去) 進行形で名詞がどんな状態にされているのか』、

そんなようなことを表します。

 

※分詞をくっつけた名詞は主語にも目的語にも補語にも前置詞の目的語にもなれるので、分詞のある名詞の位置はどこでもOK。

 

 

 

⒊ SVCとSVOCの Cになるとき

 

ある状態の名詞をどうするのか』のお話。

形容詞は名詞を修飾するだけでなく、補語(つまりC)としても使われます。Cのところに分詞がきます!

 

 

SVC の文

『どんな状態のSがどうなるか』を表します。

Vには remainlook などの補語をとる動詞が来ます!

(例)He looks crying.  (He is cryingという状態)

(例)He looks surprised.  (He is surprisedという状態)

 

 

SVOC の文

『どんな状態のOをどうするか』を表します。

Vには知覚動詞 (see, hear, look at, feel, watch, listen to) や

keep, leave, make, findが来ます!

(例)He kept them arguing.

               (They are arguingという状態)

(例)She left her home closed.

         (Her home is closedという状態)

(例)I make myself understood in English.  

            ( I am understood in Englishという状態)

(例)I see her watched by people.  

          (She is watched by peopleという状態)

(例)I see her singing in the shower

          (She is singing in the showerという状態)

 

 

〜知覚動詞のとき〜

不定詞の範囲で、知覚・使役動詞が原形不定詞を使う用法がありましたね!原形不定詞を使うとき現在分詞を使うときでは以下の違いがあります。

I see her sing.『彼女が(終始)歌うのを見る』

I see her singing.『彼女が歌っている最中を見る』

(分詞というのはその瞬間の状態を表す形容詞なんですね!)

 

ちなみに上の2つの文を受け身にすると…

She is seen to sing a song by me. 

She is seen singing a song by me.

 

 

 

+α  問題を解く時の考え方

現在分詞と過去分詞のうち、

・名詞にくっつく分詞ならば、

 名詞と分詞の間にbe動詞を入れて意味が通る方を

・SVCの文なら、SとCの間にbe動詞を入れて意味が通る方を

・SVOCの文なら、OとCの間にbe動詞を入れて意味の通る方を

選びましょう。

分詞構文やWithを使った表現は副詞(句・節)なので、

別のポイントにわけますね!

副詞としての分詞構文とWith系についてはこちら

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Follow Us
  • Instagram Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
Recent Posts
Please reload